セフレとはそもそもどんな関係?セフレの意味と定義を男女別に再確認

 

こちらのページではセフレとはそもそも何と言う素朴な疑問について、追求していこうと思います。

 

セフレって何?と聞かれてもしっかり答えられる人は案外少ないのではないでしょうか?セフレの意味と定義をしっかりと理解しておくことはセフレ作りにプラスになります。

 

この記事を参考にセフレについての理解を深めて、あこがれのセフレを作って下さいね!

 

セフレの意味と定義について【目次】

 

セフレとはそもそもどんな関係?エッチだけする男女関係のことです!


 

セフレとはいわゆるセックス・フレンドの略称。彼氏彼女のように正式には付き合ってはいないけれど、お互いの性的な欲求不満を満たすためだけにたびたび会ってセックスをする間柄の事を指します。

 

パートナーがエッチの相手をしてくれない、パートナーにはお願いできないエッチなお願いをしたい、恋人の様な重たい存在はいらないけれど性欲の発散相手だけはほしい。

 

そんな人同士がこの様な関係を結ぶようです。また、元カレ元カノが腐れ縁を切れず、体だけの関係を続けてしまうことも。セフレの定義は広いですが、そこに愛はありません。

 

体の欲望だけを満たし合う関係、それがいわゆるセフレなのです。

 

良いセフレの5つの定義を徹底解説!


 

良いセフレの5つの定義について解説します。こんな条件を満たしているセフレなら、セフレ関係が長続きするはずですよ!

 

良いセフレの定義@:お互いがセフレであることを認識している

セフレとは,定義,意味,男,女

 

良いセフレでいるためには、お互いの関係について正しく認識していることが大切です。あなたはセフレだと思っていたのに、相手は付き合っているつもりだった…。

 

そんな場合は、何度かセックスをした後でいざこざになってしまう可能性が非常に高いでしょう。

 

お互いがセフレ関係なんだと言う意識を持って割り切る事が、円満なセフレ関係を続ける上で大切なポイント。

 

もし相手が誤解してそう…と感じるときは、予めセフレ関係を結びたい事を伝えておくとよいでしょう。

 

そこで拒否されたら、その出会いは潔く諦めて、セフレ関係を受け入れてくれる異性を探しましょう。

 

良いセフレの定義A:セックス以外には関係を持たない

セフレとは,定義,意味,男,女

 

良いセフレ関係と言うのは基本的にはセックス以外のことはしません。具体的にはいわゆるデートと言う行為ですね。

 

どこかに買い物に出かけたり、ドライブをしたり、映画をみたり。恋人同士が楽しむような事にはお互いに楽しみを見いださない間柄が理想的なのです。

 

セフレとの待ち合わせは基本的にはどこかで食事をしてからラブホ、または会ってすぐにホテルや部屋でセックスです。一般的にはこのようなデートパターンが多いようですね。

 

とにかく寝ても覚めても、お互いに求めるのは肉体関係だけ。それを理解してくれる相手が最高のセフレになります。

 

良いセフレの定義B:必要以上に干渉しあわない

セフレとは,定義,意味,男,女

 

セフレに愛は必要ありません。相手のプライベートは詮索無用。セックスをして快感を感じたらそこで終わり、次のデートまでは自分の時間を過ごすのです。

 

セックス以外の事を求めてはいけません。不必要に関わる事で情が入り過ぎてしまい、セフレ以上の関係を求めてしまうかもしれません。

 

気持ちまで入るようなら、それはもうセフレではなく恋人関係を求めてしまっている証ですからね。

 

良いセフレであるならば、お互いの日常に対しての干渉はご法度と心得ておきましょう。純粋にセックスだけを楽しめるパートナー同士が良いセフレ関係だといえるのです。

 

良いセフレの定義C:会えなくても寂しくない

セフレとは,定義,意味,男,女

 

良いセフレ関係を保つには寂しいと言う感情すらも不要です。恋人同士ですと、相手に気持ちが依存していますので、少しの期間でも会えないと寂しいという気持ちが湧き上がってきます。

 

ですが、セフレに求めるのは心ではなく体。つまり、寂しいと言う気持ちが湧き上がる事すら不自然なのです。割り切りましょう。

 

相手はオナニーの相手をしてくれる最高の異性。それくらいの軽い気持ちで考えていたほうがセフレ関係は円滑に続ける事が出来るでしょう。

 

もっともセフレに会えない事でムラムラは溜まるかもしれませんが…。

 

良いセフレの定義D:身体の相性が良い

セフレとは,定義,意味,男,女

 

セフレ同士の体の相性が抜群だと、良いセフレだと言えそうです。恋人同士ですと、多少体の相性が悪くても心と心でつなぎ止める事が出来るもの。

 

ですが、セフレ関係の継続には体の相性が非常に大切。体の相性が悪かったらお互いの性欲をしっかり発散することも出来ませんし、セフレ関係を続ける意味がなくなってしまいますからね。

 

お互いに相手の性器がベストだと思えるくらいなら、最高のセフレ関係が築ける可能性は十分にあります。体の相性が良ければ、何度体を重ねても飽きが来ることも無いでしょうからね!

 

男性が考えるセフレの意味と定義について


 

セフレに対する定義は男女で微妙に違うことをご存知ですか?まずは男性が考えるセフレについて解説します。

 

男性がセフレを作る目的は?

セフレとは,定義,意味,男,女

 

  • オナニーでは性欲が満たされなかったから
  • 彼女とは出来ないプレイを試したくなったから
  • 風俗に行くお金がもったいないと思ったから
  • 恋愛がめんどくさかったから
  • 男としての自信をつけたいから

 

男性がセフレをほしがる最大の理由は、とにかく『性欲を発散したいから』のようですね。それは風俗でも叶うかもしれませんが、プロと素人では得られる満足度が全然違うようです。

 

また風俗はお金がかかりますが、セフレはただでエッチをすることができ、コスパが良いと感じている男性も。

 

セフレがいることで男性としての自信を得ているケースもありますが、基本的には性欲を解消したいというのが一番でしょう。

 

セフレがいる・いた男性の割合

セフレとは,定義,意味,男,女

 

独身・既婚男性100人を対象にしたとあるセフレ調査結果によると、何と驚くべきことに調査対象100人の内、26人の男性が『セフレがいる』もしくは『いたことがある』と回答したとのこと。

 

つまり、世の男性の2割以上がセフレ関係を持った事があると言うことになります。セフレがいるような男性なんてごく一部だと思っていた人は、ちょっと驚くかも知れませんね。

 

彼女・妻がいるのにセフレを作るのはアリか無しか


 


 


 

やはり彼女・妻がいるにも関わらずセフレを作ろうとする男性への、世間一般の人々からの意見は厳しいものがあるようです。

 

信じられない、屑、と言う意見が目立ちました。しかしながら一方で、セフレ関係を求める女性にとってはむしろ彼女や奥さんがいる男性の方が都合が良いと言う意見も。

 

本命がいる方が重たい関係にもならずに済み、良好な関係を築きやすいと言う事でしょう。結論としては理解あるもの同士ならアリ。

 

しかし、必ず二人だけの秘密にすること。これは徹底した方が良さそうです。

 

男性から見たセフレのデメリット4つ

セフレとは,定義,意味,男,女

 

  • 友達が減る
  • 罪悪感を感じる
  • 病気を移される可能性がある
  • 真剣な恋ができなくなる

 

一般的に男性同士ではセフレがいることを羨ましく思う傾向にあるようですが、セフレを肉便器扱いするような酷い男性である場合は、さすがに同性の友達からも引かれてしまうケースがあるようです。

 

また自分に恋人、奥さんがいる場合、罪悪感を感じたり、相手にもパートナーがいて最悪バレたとなったとき、トラブルに巻き込まれるといったこともあります。

 

更には、肉体関係だけで満足してしまい恋愛感情を忘れてしまう男性も。これらのデメリットをしっかり把握した上でセフレを作るようにして下さい。

 

男性から見たセフレのメリット7つ

セフレとは,定義,意味,男,女

 

  • 性欲を満たす事ができる
  • コスパが良い
  • 束縛されない
  • 自分に自信を持つ事が出来る
  • 女性の扱いがうまくなる
  • 恋人・夫婦間でも良い関係を築ける
  • 風俗よりは病気になる可能性が少ない

 

恋人間、夫婦間の関係がうまくいかなくなってしまう原因の一つがセックスレス。ムラムラしている時にパートナーにエッチに応じてもらえないと、自ずとストレスが貯まります。

 

セフレがいることによって、パートナーが相手をしてくれなくても適度に性欲を発散できるため、心に余裕を持つ事ができます。

 

その結果、恋人間、夫婦間の関係も円滑に進める事ができるようですね。風俗よりもコスパがよく、病気の危険性は少ないセフレですが、誰にでも股を開くような女性にはご注意を…。

 

女性が考えるセフレの意味と定義について


 

続いて女性が考えるセフレについて解説します。男性が考えるセフレとはどのような違いがあるのでしょうか?

 

女性がセフレを作る目的は?

セフレとは,定義,意味,男,女

 

  • オナニーでは性欲が満たされなかったから
  • 彼とのエッチが気持ちよくなかったから
  • 束縛されたくなかったから
  • 心ときめく経験をしたいから
  • 彼に言えないプレイをしたいから

 

女性がセフレを求める大きな理由は、精神的な満足感を得るため。肉体的な快楽を主に求めている男性に対して、女性が求めるのは心の満足。

 

恋人や夫婦と言う関係も長く続くと、付き合いたての頃のドキドキ感はすっかりなくなってしまうもの。ですが、セックスをしている間は一人の女性に戻る事ができます。

 

また、男性を興奮させないといけないので女子力を磨かないといけません。いつまでも美しい自分を保つための一つの手段として、セフレを求める女性もいるようですね。

 

セフレがいる・いた女性の割合

セフレとは,定義,意味,男,女

 

続いて女性のセフレ経験率をお伝えします!イマドキの女性100人を対象にしたある調査結果によると、実に29%の女性がセフレがいる、もしくはいたと回答したそう。

 

男性と同じくらいの比率で女性もセフレ経験があることにはびっくりですね。また更に驚くべきことに、セフレ経験はないと答えた女性の中でも、約半数の女性がセフレがほしいと思った事があると回答。

 

セフレと言う存在は非難されがちですが、セフレを欲しがっている女性が非常に多いことがお分かり頂けたでしょうか?

 

彼氏・夫がいるのにセフレを作るのはアリか無しか


 


 


 

彼氏や夫などのパートナーがいるのにも関わらずセフレもいる女性は、男性同様周りからの視線はなかなか冷ややかなものがありそうです。

 

ですが、恋愛経験豊富な女性や、外見の良い女性の間では、セフレがいる事はむしろ常識という考えの人も。セフレのいる女性は魅力的な方が多いようです。

 

こちらに関しても、彼氏・夫がいるのにセフレを作るのは結論としてはアリ。ただし、パートナーを不幸にしないよう絶対にバレない工夫をする必要があります。

 

女性から見たセフレのデメリット

セフレとは,定義,意味,男,女

 

  • 病気を移される可能性がある
  • 男性より感情移入しやすい
  • 噂が広まるのは一瞬
  • 真剣な恋ができなくなる

 

セフレ相手の男性が性欲旺盛で、いろんな女性との性経験がある方の場合、病気をもらう確率は格段にあがります。

 

病気が原因で本命との関係に亀裂が入る事も。セフレにする相手に関してはしっかり見極める必要があるでしょう。

 

また、女性は男性に比べると感情的になりやすいため、割り切った関係を築くのはなかなか難しい人かも。

 

セフレが本命になってしまったという話も良く聞くところですね。女性のコミュニティで噂が広まるのは一瞬なので、秘密厳守は徹底した方が良いでしょう。

 

女性から見たセフレのメリット

セフレとは,定義,意味,男,女

 

  • エッチが上手になる
  • 魅力的な女性になれる
  • 女心を取り戻す事ができる
  • 束縛されない
  • 寂しさを紛らわす事ができる
  • 本命とはできないプレイが楽しめる
  • 恋人・夫婦間でも良い関係を築ける

 

男性の場合は性欲を風俗で解消することができますが、女性の場合は性欲の解消が案外難しいもの。

 

セフレがいれば溜まった性欲を発散できますし、恋人にはお願いできない恥ずかしいプレイもお願いすることができます。

 

セフレがいることで寂しいと言う気持ちを忘れる事ができるため、本命との関係も円満に築き上げることができるでしょう。

 

セフレはセフレとして割り切ってお付き合いすることができれば得られるメリットは大きいです。

 

セフレの意味や定義についてまとめ


セフレの意味や定義について解説しました。セフレとは何かを知っておくことは、セックスフレンドを作るために非常に大切な要素です。

 

当サイトのおすすめするセフレアプリランキングを参考に、すぐに股を開いてくれるようなエロい女性を見つけて、理想のセフレ関係を築きましょう。

 

>>セフレ作りにおすすめ!出会いアプリランキングはこちら!